お問い合わせ

機構概要

組織名称
一般社団法人スラックライン推進機構
英文表記(Japan Slackline Promotion Organization)
所在地
本社 〒381-0211 長野県上高井郡小布施町雁田676
電話:070-4413-5991 (受付時間平日8:00〜18:00)
東京オフィス 準備中
設立
2013年5月 小布施スラックライン部設立
2017年5月 一般社団法人スラックライン推進機構
役員
代表理事 林 映寿
理事 木下浩治
理事 高見沢幸造
理事 小笹勇
理事 青木勝郎
監事 舘田淳
総務 伊東ゆかり
経理 青木繭美
所属プロライダー 木下晴稀
グループチーム
北海道スラックライン(北海道)
三笠スポーツクラブ「ぽっけ」(北海道)
「潮スポーツクラブ」スラックライン教室(北海道)
十勝総合型スポーツクラブ「フーニ」スラックライン(北海道)
東川スラックライン(北海道)
女川スラックライン(宮城県)
新潟スラックライン(新潟県)
下館スラックライン(茨城県)
北茨城スラックライン(茨城県)
Slackline Lovers ❤ 大町(長野県)
スターキッズたいそうくらぶスラックライン部(東京都)
保谷GO!スラ(東京都)
kiriborn(東京都)

一般社団法人スラックライン推進機構は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020参画プログラム」主体登録申請を行い2019年1月29日正式認証されました。スラックラインの普及活動と共に、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに向けた機運醸成と大会後のレガシー創出などを目的に活動を進めてまいります。

「東京2020参画プログラム」主体登録者番号:Z0393

Vision(ヴィジョン)

スラックラインで地域(人・企業・行政)と共にイノベーションを起こし輝く人を創出する。

Mission(ミッション)

地域スポーツ活性ロールモデルとなり、それを全国の地域につなげ日本をスラックラインで元気にする。

当法人は、日本国内外におけるスラックラインの普及と競技人口の増加ならびに競技力の向上に資するとともに、スラックラインに関する諸行事の実施及び普及向上、プロプ レーヤーの発掘と育成、その社会的地位の向上を図り、スラックラインというスポーツへ の関心を高め、もって我が国の国民の健全な心身の発達及び保持とスポーツの発展に寄与 することを目的とし、その目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. スラックラインの振興発展のための調査研究及び情報の提供
  2. スラックラインに関する各種大会、競技会の主催・共催・後援・公認及び支援
  3. スラックラインに関する国際級大会・競技会等の実施・誘致及び支援
  4. スラックラインに関する国際交流事業の実施及び支援
  5. スラックラインに関するプロプレーヤーの発掘と育成及びその社会的地位の向上
  6. スラックラインに関するスポーツ指導者の養成
  7. スラックラインに関する各地のスポーツクラブの普及発展の支援
  8. スラックラインに関するスポーツ医学・科学に基づく健康と体力づくりの推進
  9. スラックライン関係の他団体等とのネットワークの形成及び連携・提携
  10. スラックラインの練習・競技施設の管理運営その他施設維持に関する事業
  11. スラックラインに関する書籍・機関誌・DVD等の刊行物の発行
  12. その他、当法人の目的を達成するために前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

一般社団法人スラックライン推進機構公式ホームページにリンクを希望されるかたへ

貴ホームページから当ホームページ(http://jspo.org)へのリンクを行う際、当機構の許可を得る必要はありません(リンクフリー)。ただし、リンク元ホームページの内容及び団体等や、リンク自体については、そのホームページ管理者などに帰属するものですので、当機構とは全く関係ありませんし、当機構はそのいかなる責任も負いません。

jspoバナー 250x78
jspoバナー 320x100
jspoバナー 300x250
jspoバナー 580x240

CONTACT

一般社団法人スラックライン推進機構への
お問い合わせはお気軽にどうぞ

tel.070-4413-5991

(受付時間 平日8:00~18:00)

お問い合わせフォーム

EVENT OFFER

イベントで来場者の目を引く
パフォーマンスを!
全国各地へプロライダーを派遣します。

イベントオファーページへ

スラックライン世界最高峰の大会を成功させたい!ふるさと納税型クラウドファンディング実施中!

page top